After Effects

After Effects使いが絶対に持っておきたいプラグイン/スクリプト/エクステンションまとめ【2021版】

こんにちは!hiro(kotsuxkotsu)です。

After Effectsの機能を拡張するプラグインスクリプトエクステンションには、デフォルトではできない表現を可能にするものや、作業効率を大幅に上げるものなど色んなものがあります。

僕自身、動画広告メインのフリーとしての経験から、案件に対して幅広く対応できるようにAfter Effects使いが絶対に持っておきたいプラグイン・スクリプト・エクステンションをまとめました(随時追加予定

Contents

入れておきたいプラグインたち

無料のものに関しては数が多すぎるので、以下の記事にもまとめています

AE無料プラグインまとめ2021
【After Effects】初心者に絶対入れてほしい!おすすめ無料プラグイン/スクリプト/エクステンションまとめ2021年版今回は、After Effectsの作業を効率化するために、初心者の方にぜひ入れてほしいプラグイン・スクリプト・エクステンション(以下、...

Flow(キーフレームアニメーションを高速化)【全員必須】

https://aescripts.com/flow

「Flow」は、「アニメーションカーブのプリセットを簡単に適用できるプラグイン」です。

キーフレームを選択 」→ 「カーブを選択 」→ 「Apply」のボタンを押すだけなので、グラフエディターを開かずにアニメーションを調整することが可能です。

複数レイヤーのキーフレームにも、選択し一括で適用できるので作業スピードが驚くほど上がります。

また、現在のキーフレーム間のイージングカーブを表示することもできるので、テンプレートなどの参考プロジェクトからイージングを抽出し、使い回すこともできます。

アニメーションの全作業で使うのでAEを使う人は絶対に持っておきたいプラグインです。

YouTube-Flow

Animation Composer(プリセットアニメーションを簡単に適用)【無料】


https://misterhorse.tv/animation-composer

Animation Composer」は、「プリセットのアニメーションやトランジション、素材をを簡単に追加できるプラグイン」です。

無料版でも数多くのアニメーションプリセットが梱包され、レイヤーを選択し、好きな動きをクリックするだけで簡単にアニメーションを適用することができます。無料版には100種類以上のアニメーションや効果音、有料版だとさらに多くのプリセットが追加されます。

また、「Anchor Point Mover」という、複数レイヤーのアンカーポイントの位置を一括で調整できる無料プラグインも付属しているので、こちらもぜひ持っておきたいプラグインのひとつです。

余裕のある人は、追加パックとして「The Most Handy Motion Presets」持っておくと、様々なシーンで使えるオーソドックスなアニメーションプリセットが揃います。

追加パックは、Envato Marketを通して購入することができます。

https://market.envato.com/?ref=h221yk
押さえておきたい素材・テンプレートサイト「Envato Market」の使い方みなさんは、Envato Marketを使ったことがありますか? 僕も仕事やプライベートで度々使うサイトなので、今回はEnvato...

簡単に使えるため、あまり同じ映像内で多用しすぎると、分かる人にはAnimation Composerっぽいとわかるため、適度にうまく取り入れてみてください。

AE Juice(プリセット・モーション素材集)【SALE】 必須!

AEJuice_IWantitAllBundle_img

https://aejuice.com/

「AE Juice」は、とにかく大量の「アニメーション素材、トランジション、効果音、シーン別プリセット・テンプレート、便利ツール入った素材集です」です。

AE内で、たくさんのモーション素材やプリセットをプレビューしながら簡単にプロジェクトに追加できるので、単純にコンテンツ制作のスピードが上がります。

無料のスターターキットにもかなりの素材・プリセットが入っていて、付いてくる無料プラグインも、

<Shifter>…複数のレイヤーを数フレームずつずらす
<Copy Ease>…簡易版のFlow
<Font Previewer>…PC内のフォントをプレビューし、ダブルクリックで適用

など、実作業においても全然使えるので、無料でプラグインを試してみたい人にもおすすめです。

拡張パックは、一度購入すると何度でも商用利用可能で、全部入りの「I Want It All Bundle」持っておけば、よっぽど拘らない限り、よく見る大抵のモーション素材はこと足ります。

2021/9/16より、月額$99サブスクリプション版$499Lifetime版(買い切り)に2種類に分かれ、今後サブスクリプションへの完全移行に伴い買い切り版は販売停止予定とのことです。大量プリセットとして揃えておきたい方はLifetime版の方がおすすめです。

最近では、様々なジャンルのテンプレート(YouTubeInstagram StoriesCyberPunkVHS RetroCartoon、etc.)も梱包されているので、幅広い作風にも挑戦しやすくなります。

AE Juice自体、頻繁にセールをやっているので、焦って購入する必要はありませんが、逆にどのタイミングで購入してもあまり変わらないので、手っ取り早くたくさんのモーション素材が欲しいという人におすすめです。

クーポンコードkwxlfEk」を使ってもらうと、セール価格から更に15%オフになるので、購入の際ご自由にお使いください。

AEJuice_IWantitAllBundle_img
【クーポンあり】After Effectsの作業を効率化する大容量ライブラリー「AE Juice」こんにちは!hiroです。 今回は、AEの作業を効率化させる大容量ライブラリー「AE Juice」のご紹介です。 リキッドア...
YouTube-AEJuice-Part2

Motion Bro(クオリティの高いトランジションを1クリックで適用)

https://motionbro.net

「Motion Bro」は、「クオリティの高いトランジションや、様々なエフェクトやプリセット・素材などを簡単に追加できるプラグイン」です。

実写ベースの映像でよく見る、ズームスライドトランジションなど、凝ったトランジションは大体こちらが使われているケースが多いです。

650種類のプリセットが入った無料パックと有料の追加パックがあり、追加パックはVideohiveを通して購入することができます。

個人的なおすすめは、Transitions(Handy Seamless Transitions) の追加パックを持っておくと、かなりの数のクオリティの高いトランジションが使えるようになるのでおすすめです。

MotionBro_Eyecatch
After Effectsの作業を効率化!絶対に持っておきたいエクステンション「Motion Bro」こんにちは。 今回は、トランジションの作業を効率化させるおすすめのエクステンション「Motion Bro」について紹介します。 ...

Motion Tool(アンカーポイントの移動など便利機能がたくさん)

MotionTools_Eyecatch

Motion Tools」は、Motion Design SchoolのAEのベーシックコースを受講することでもらえる「様々な機能が入った便利ツール」です。

イージングやバウンスの追加アンカーポイントの移動レイヤーのオフセットシェイプ化したテキストを一文字ずつレイヤーに分けてくれたりなど、作業を効率化してくれる機能がたくさん入っています。持っておいて損はなし!!

残念ながら今年に入って無料配布は終了してしまい、現在だとMotion Toolsを$40で直接購入するか、ベーシックコースを購入することで入手することができます。

単体購入でもいいですが、ベーシックコースの内容もイラストをリアルに動かすなどかなり実践的なのでセール時期にベーシックコースを購入するのがおすすめです。

MotionTools_Eyecatch
【フリープラグイン】レイヤーのオフセットなどに便利な「Motion Tools」こんにちは。hiroです。 今回は、「レイヤーのオフセット」や「シェイプ化したテキストをレイヤーごとに分けくれる」など複数の機能が...

Saber(ビームや光物を簡単に作る)【無料】

http://www.videocopilot.net/tutorials/saber_plug-in/

Saber」は、Video Copilot社が無料でリリースしている「電気やオーラ、ライトセーバー等のエフェクトを簡単に作成できるプラグイン」です。ビームやロゴを光らせるなど、ありとあらゆる光物を作成する時に使えます。無料でいいのかと思うくらいのプラグイン。

ダウンロード場所は以下のページをご覧ください。

VideoCopilot_Saver
【無料】ビームや魔法を簡単に作成できるVideo Copolit「Saber」Optical FlareやElement 3Dなどのプラグインで有名なVideo Copilot社が無料で公開している超優秀プラグイン...

Deep Glow(キレイなグローを1クリックで作成)

https://aescripts.com/deep-glow/

「Deep Glow」は、「適用するだけで、とても綺麗なグローを作れるプラグイン」です。

After Effectsのデフォルトのグローだと良い感じにかからないので、普段では絶対こっちを使ってます。

現在セール中で、クーポンコード「PluginLovesSoM」を入力で20%オフ(2/17で終了)

バンドル版の「Everything Bundleもおすすめです。

FX Console(エフェクト検索を高速化)【無料】

https://www.videocopilot.net/blog/?s=fx+console

「FX Console」は、「エフェクトの適用を高速化できる」のプラグインです。

「Ctrl + Space」でエフェクトの検索ボックスを呼び出すことができ、すぐにエフェクトを適用できるようになります。

エフェクトを多用するAEでは、これがあるとないとではスピード感が全然違ってくるので、作業の効率化の為にもぜひ入れておきたいプラグインになります。

※最近はだいぶよくなりましたが、日本語環境だとうまく動作しないこともあるので、AEを英語版で立ち上げてからの使用をおすすめします。
AfterEffects_icon
簡単に切替え可能!After Effectsを英語版で起動させる方法今回は、日本語版のAfter Effectsを英語版で起動する方法について紹介します。 AEで、海外製のプラグインやスクリ...

Trapcode Suite(高度なパーティクル表現・クオリティアップ)

https://www.toolfarm.com/buy/trapcode_suite

https://www.redgiant.com/products/trapcode-suite/

http://www.flashbackj.com/trapcode/trapcode_suite/

Trapcode Suite」は業界標準のパーティクルプラグイン「Trapcode Particular」をはじめ、「Trapcode Form」「Trapcode Mir」「Trapcode Starglow」など、「映像の表現をワンランクアップさせるプラグイン集」です。

Web上にもチュートリアルが豊富で、VFXからモーショングラフィックスまで幅広い用途で使用することができます。

After Effectsの3Dカメラにも対応しており、デフォルトのパーティクルエフェクト等ではできない、高度な表現が可能です。

プリセットブラウザーが搭載されており、ある程度のパーティクルエフェクトなら簡単に作成することもできます。

また、最近開始されたRed Giantプラグインの全プラグインの年間サブスクリプションサービス「Red Giant Complete」も、VFXなどでRed Giant製品を使いたいという方におすすめです!

https://www.toolfarm.com/buy/red_giant_complete/

https://www.redgiant.com/products/red-giant-complete/

https://flashbackj.com/product/red-giant-complete

Optical Flare(クオリティの高いレンズフレアを簡単に作成)

https://www.toolfarm.com/buy/video_copilot_optical_flares_plug_in_for_after_effects

https://www.videocopilot.net/products/opticalflares/

https://flashbackj.com/product/optical-flares-plug-in

Optical Flare」は、有名なVideo Copilot社が販売している「クオリティの高いレンズフレアを作成できるプラグイン」です。プリセットの豊富さと扱いやすさから重宝されるプラグインです。

よく、「あっ、フレア足しといて!」と言われて、これがないとレンズフレアの映像素材を探しにいく羽目になります。。泣

同じ様なものとしてRed Giant社の「Knoll Light Factory」がありますが、使いやすさなどから言うと現場ではOptical Flareの方が多いです。(僕の行った現場は、全てOptical Flareでした)

Video CopilotのWebサイトでは、たくさんのチュートリアルも公開されていて、実写合成などを行いたい方にとっても必須のプラグインです。

Overload(Illustratorをよく使う人は必須)

https://www.toolfarm.com/buy/battle_axe_overlord/:(本家サイトより$3ほど安い)

https://www.battleaxe.co/overlord:(本家サイト)

ワンクリックで、Illustratorで作成したイラストAEのシェイプに変換して持っていくことができるプラグインです。

なくても、できるはできるのですが、Illustrator ⇄ After Effects間の連携をスムーズにしてくれるのでトライアンドエラーもしやすく、これを使うとスピードが全然違います

Illustratorのテキストも、編集可能なテキストとしてAEに持っていくことができるので、イラストレーターやグラフィックデザイナーの方など、頻繁にIllustratorを触る人はきっと感動するはず!

Newton(2Dイラストの重力表現)


https://www.toolfarm.com/buy/newton

https://aescripts.com/newton/

https://flashbackj.com/product/newton

Newton」は、フラットデザインのアニメーションでよく見かける「2Dで物理シミュレーションを実現するプラグイン」です。

見ていて気持ちいいモーショングラフィックの中で重要になる重力や反発、摩擦などの効果を2Dレイヤーに加えることができます。

Neat Video(映像のノイズを軽減)

https://www.toolfarm.com/buy/neat_video_pro/

https://flashbackj.com/product/neat-video-pro

Neat Video」は、「とても綺麗にノイズを除去してくれるプラグイン」です。暗部に発生するノイズやエンコードノイズなどを、市販のプラグインの中で、一番きれいに取り除いてくれます。

スマートフォンで撮影した映像や、CGでレンダリングした素材などのノイズリダクションなど、幅広い用途に使えるので、映像製作者はぜひ持っておきたいプラグインです。時間があれば実写素材全てに、マストでかけておきたいくらいおすすめ。業界標準のノイズリダクションプラグインでもあります。

Composite Brush(実写系には必須!)

https://aescripts.com/composite-brush

KeylightPrimatte Keyerでも難しい背景と同系色の服を着ている場合や、反射して抜きにくい金属が映ったフッテージの場合でもかなりの精度で抜くことができる、VFXにはほぼ必須級のプラグインです。

実写合成系では元の素材がですが、素材をもらった後に愕然とする人も多いはず。。

全然抜けなくて、泣きたい時の救世主です。

Element 3D(AEで3D表現を可能に)

https://www.toolfarm.com/buy/video_copilot_element_3d

https://flashbackj.com/product/element-3d

Element 3D」は、Video Copilot社が販売している、「After Effectsで3Dモデルを扱うことができるプラグイン」です。

ゲームと同じようにGPUを使って3Dをレンダリングするため、非常に高速で綺麗な3Dを描画することができます。独特のアニメーション機能により、モーショングラフィックスなど、幅広い用途に使うことができます。

Element3D_Eyecatch
After Effectsで3DCGができる!Video CopilotのプラグインElement 3D今回は、After Effectsで3DCGモデルを扱えるプラグイン「Element 3D」について紹介します。 Elemen...

BlenderAe(Blenderから1クリックでカメラや位置情報を転送)

https://www.toolfarm.com/buy/blenderae/

Blenderの「カメラ、ライト、ヌル、平面などを1ClickでAEに持っていくことができる」プラグインです。

AE側で映像をはめ込む場合や、トラッキングの位置情報、AE側のプラグインで作った方が速いエフェクトなど、何かとBlender側からデータを持っていきたい場合も多いです。

Element 3DよりもBlenderの方が自由度が高いため、本格的にAEと3DCGを併用していきたい場合に持っておきたいプラグインです。

他のモーショングラフィックス向けのプラグイン

以下の記事では、モーショングラフィックスを作る際におすすめのプラグインを紹介しています。

AfterEffects_icon
【After Effects】モーショングラフィックス向けのプラグインまとめこんにちは!hiroです。 After Effectsでモーショングラフィックスを制作する際、プラグインを使うことで効率的に作業す...

作業効率化に役立つフリースクリプトやテンプレート

OLM Digital
OLM Digitalが無償公開してくれているフリープラグイン「OLM Open Tools」ポケモンなどの製作で有名なOLM Digitalさんが無料で公開しているプラグインの紹介です。 こちらのOLM Open ...

AE Viewer

https://aescripts.com/aeviewer-pro

AE Viewerは、「オリジナルのアセットマネジメント」を可能にするプラグインです。

ここで言うアセットマネジメントとは、よく使う素材や一度作ったアニメーション素材を保存しておいて、他の案件で使い回すことで作業スピードとクオリティアップを図ることです。

AEViewerを使うと、作ったアニメーション素材を簡単にプロジェクトから抽出して、別プロジェクトで使い回すことができます。

初めの頃は、色々なプリセットやテンプレートを購入して使っていると思うのですが、自分のよく使う表現や、やりたい方向性がまとまってきて、より効率的に作業できるオリジナルのライブラリーを作りたい人におすすめです。

他にも、素材をAEViewer内でフォルダに分けて管理することができ、フォントのプレビュー・適用や、エクスプレッションも管理することができたり、

どちらかというと玄人向けのプラグインになりますが、AEでやりたいことが固まってきた人には、その便利さがわかるはず。。

Pro版は、対応する素材のフォーマットが多く、フォントのプレビュー・追加機能などが使えるためより実用的ですが、まずは無料版を試してみてはいかがでしょうか?

Auto Crop(コンポジションサイズを適切なサイズにリサイズ)

https://aescripts.com/auto-crop/

コンポジションを不要な範囲を検出し、適切な大きさにリサイズしてくれるプラグイン。

AEの目標範囲などで、コンポジションをリサイズすると、既に使っているコンポジションなどでズレが発生してしまいますが、これを使うとズレが発生せず、尚且つアニメーションしているピクセルも考慮してリサイズしてくれる神プラグインです。

Un-PreCompose(プリコンプを解除したい時に便利!:無料

https://aescripts.com/un-precompose/

あると便利系プラグイン!

Name Your Own Priceに「0」を入力で無料でDLできます。

プリコンプを解除したい時に、「ヌルを作成親子付け別のコンポジションにペースト」という手間を省くことができます。

Macの場合は、AE起動時に開発元が不明とエラーが出るので、AEを落として「Macのシステム環境設定 セキュリティーとプライバシー App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」をしてあげると、AEで使えるようになるのでご注意ください。

GG_ExpressionManeger(エクスプレッションを高速で適用

yしめぢさんが作られた「よく使うエクスプレッションを登録しておいて、簡単に適用できるスクリプト」です。

有料で販売していてもおかしくないくらい便利なので、本当に感謝。。

Smart Keyframe Navigator(同レイヤーのキーフレーム移動に便利)【無料】

SKN_gif

https://aescripts.com/smart-keyframe-navigator/

Smart Keyframe Navigator」は、「ショートカットでのキーフレーム移動を選択したレイヤーのみに指定できるスクリプト」です。キーボードショートカットに割り当てが必要ですが簡単にでき、無料なのでぜひ!

Utility Box
【無料】大量にオブジェクトを複製、一括で操作するフリープラグイン「Utility Box」こんにちは。hiroです。 今回は、After Effectsでの作業を効率化させる無料スクリプト「Utility Box」の紹介...
Doodle
手書き風表現(Doodleエフェクト)にオススメのプリセットみなさんはドゥードゥルという言葉を知っていますか? Doodleとは「いたずら書き」という意味で、映像表現の中では手描きの線がうに...

プロジェクトの整理に使えるプラグイン・スクリプトたち

After Effectsの作業に慣れてきたら、プロジェクトを整理することにも気を付けたいですよね。以下の記事に整理に使えそうなプラグインたちをまとめています。

AfterEffects_icon
【After Effects】プロジェクトの整理に使えるスクリプト 皆さんは、AEプロジェクトのデータ整理はどうしていますか? 作業中や人にデータを渡す際も、わかりやすく整理しておくとミスも...

他にも持っておきたい映像制作に役立つツールやサービス

PluralEyes(撮影素材・音声の自動同期)

https://www.toolfarm.com/buy/red_giant_pluraleyes/

撮影素材と録音した音声をオーディオの波形に合わせて自動同期してくれます。編集前の下準備が数クリックで終わるのでかなり重宝します。

精度も高く、Premiereの同期よりも圧倒的に効率よく同期できるので、マルチカメラで撮影された素材を編集する場合は必須になってくるかと。

使い方は、L’espace Visionさんのこちらの記事がわかりやすく解説してくれています。

Audition(BGMの長さ調整、ノイズリダクション)

Audition_Eyecatch

Adobeの音声編集ソフト。録音した音声のノイズを減らす「ノイズリダクション」や自動でBGMの尺を調整してくれる「リミックス」が使えるので映像・動画制作に必須です。

Adobe Creative Cloudコンプリートプランを契約している人はプランに含まれていますので、ぜひ使ってみてください。

Audition_Eyecatch
【効率化】指定した時間にBGMの長さを編集してくれるAudition「Remix」こんにちは!Hiroです。 皆さんは映像にBGMを入れたい時、曲の長さが合わなくて困ったことはありませんか? せっかくいいB...

Artlist & ArtGrid(お洒落な音楽、動画の取り放題サブスク)

Logo_Artlist

https://artlist.io/

https://artgrid.io/

映像制作に使えるクオリティの高い音楽がダウンロードし放題の「Artlist」とその動画版の「ArtGrid」

値段は高いですが、無制限にダウンロード、商用利用可能なので、海外のVloggerやYouTuberなどの間でもよく使われているサービスです。

動画のクオリティは、音楽や使っている素材にかなり大きく左右されるので、余裕がある人は使ってみてください。

以下のリンクからだと+2ヶ月分無料になるので、よかったら使ってください。

https://artlist.io/ref-kotsuxkotsu

https://artgrid.io/ref-kotsuxkotsu

Gigapixel AI, Video Enhance AI(素材修復、アップスケール)

Logo_topazlabs

https://topazlabs.com/ 

Topaz Labs」は、AIを使い画像や動画をディティールアップや復元してくれるソフトをリリースしている会社です。

画像をディティールアップしてスケールアップしてくれる「Gigapixel AI」、ディティールを保持したままノイズを消してくれる「DeNoise AI」、Jpeg画像をRAW画像の様に調整可能にする「JPEG to RAW」など、画像を扱う上でぜひ持っておきたいソフトをリリースしています。

特に「GigaPixel AI」は、文字が読めないくらいボヤけた静止画でも文字が読めるようになるほど高解像度に復元してくれます。

動画版の「Video Enhance AI」もかなりの優秀で、現在はWindows版しかリリースされていませんが、今後Macにも対応とのこと。

Topaz Labs製品は、以下の紹介リンクを使ってもらうと15%オフになるのでよければ使ってください。

http://topazlabs.ref/kotsuxkotsu

購入のタイミングや最安サイト

有料のものも多いため、僕は緊急で必要な場合をのぞき、できるだけセールの時期を狙うようにしています。

セール情報はこちらにまとめています。

thumb_SaleInfo
【After Effects・CG】プラグイン・テンプレ・3Dモデルセール情報まとめ現在開催中のAfter Effectsや3DCGのプラグイン・テンプレート、3Dモデルなどの素材に関するセールやこれまでのセール情報を掲...

After Effectsのプラグインは、基本的にToolfarmというサイトが通常時・セール時を含めて最安だと思います。

その次にそれぞれのプラグイン公式サイトaescrits+aeplugins

最後にフラッシュバックジャパンという感じでしょうか。

ただ、セール開催時期により、フラッシュバックが最安になる時もあります

例えば、フラッシュバックジャパンは海外のサイトよりも早くセールが開催されることが多いため、その期間は最安になる傾向があります。

 

プラグインによっては数万円も違うこともザラにあるので、焦らず、必ずサイトを比較して購入するようにしてみてください。

【After Effects】押さえておきたいプラグイン最安サイト「Tool Farm」こんにちは!hiroです。 今回は、After EffectsやCinema 4Dなどのプラグイン販売サイトの中でも最安値で購入で...

プラグインのインストールについて

After Effects(以下:AE)のプラグインのインストールについては、インストーラーがあるものはそれを実行してもらって、インストーラーがないものに関しては、PC内のPlug-insフォルダに「.plugin」ファイルを入れてもらうとAEのエフェクトから使用できるようになります。

Windows

Program Files¥Adobe¥Adobe After Effects(バージョン)¥Support Files/Plug-ins

Mac

アプリケーション/Adobe After Effects(バージョン)/Plug-ins

また、スクリプトやエクステンションのインストールについては以下の記事をご覧ください。

AfterEffects_icon
【AE基礎】After Effectsでスクリプトを使う方法 Web上で公開されているフリーのスクリプトや有料のスクリプトを購入して使いたい時に、最初のうちはAEでどうやって起動すればいいの...
Extension_ZXPInstaller_Eyecatch
After Effectsを更に効率化!エクステンション(拡張機能)のインストールと使い方こんにちは!hiroです。 皆さんは、After Effectsの「エクステンション(拡張機能)」は使っていますか? フリー...

【関連】テンプレートが使い放題!映像制作で使えるサブスクまとめ

thumbnail_映像・動画系系サブスクリプションサービスまとめ
【クオリティを上げる】映像・動画制作で知っておきたいサブスクリプションサービスまとめこんにちは。hiroです。 今回は、映像制作での作業の効率化や素材・テンプレート等のコストを抑えるために、 知っておきたいサ...

最後に

After Effectsを効率化したり、可能性を広げるプラグインですが、「知っているか・知らないか」、「持っているか・持っていないか」でできることは大きく変わってきます。

また、購入するとつい多用したくなりますが、目的に合わせて効果的に使うようにしてください。

あくまでも効率化ツールのひとつとして、動画・映像を作る目的から逸れないように、また、短縮できた時間で構成やディティールをブラッシュアップするなど、プラグインを使うことが目的になってしまわないようにしていただければ嬉しいです。

みなさんが、素敵な動画・映像を作って活躍されることを楽しみにしています。

\ Adobe CCを通常版で使っている人は必見 /

Adobe CCを通常版で購入している人は以下の買い方だと
月額費用を約6,000円→3,300円とほぼ半額まで節約できます。
節約した金額をプラグイン代などに当てた方が効果的なので、
よければ以下の記事を読んでみてください。

thumbnail_AdobeCCをほぼ半額で使う方法
【45%オフ】全員知っておいてもらいたいAdobe CCをほぼ半額で購入する方法(商用可)今回は、全員に知っておいてもらいたいAdobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)を、 最大45%オフで購入す...