After Effects使いが絶対に持っておきたいプラグインまとめ

ReelSmarMotionBlur

スポンサーリンク

After Effectsの機能を拡張するプラグイン。デフォルトではできない表現を可能にしたり、作業効率を大幅にアップするものなど、その種類は様々です。

今回は、After Effects使いが絶対に持ってきたいプラグインをまとめました。

FX Console(無料)

https://www.videocopilot.net/blog/?s=fx+console

After Effectsでは、エフェクトを多用するので、まずエフェクトを早く適用するためのプラグインの紹介です。

Ctrl + Spaceでエフェクトの検索ボックスを呼び出すことができ、すぐにエフェクトを適用できるようになります。

これがあるのとないのとでは後々のスピードが変わってくるので、作業の効率化の為にもぜひ入れておきたいプラグインになります。

※日本語環境だとうまく動作しないようなので、AEを英語版で立ち上げてからの使用をおすすめします。

After Effectsを英語版で起動させる方法

2018.05.16

 

Trapcode Suite(Trapcode Particular)

http://www.flashbackj.com/trapcode/trapcode_suite/

業界標準のTrapcode Particularをはじめ、Trapcode Form、Mir、Starglowなど、とても映像の質をワンランクアップさせるプラグイン集です。

Web上にもチュートリアルが豊富で、たくさんのCMや映像作品で見ることができます。

その利点として大きいのが、Trapcode ParticularなどがAfter Effectsの3Dカメラにも対応していることだと思います。(デフォルトのCC Particle Worldは3Dカメラに対応していないため)

最近では、Stardustというノードベースのパーティクルプラグインも発売されていますが、やはりAfter Effects使いとしては、是非持っておきたいプラグイン集です。

Optical Flare

http://www.flashbackj.com/video_copilot/optical_flares/

Video Copilot社が販売しているレンズフレアのプラグインです。プリセットの豊富さと扱いやすさから重宝されるプラグインです。

よく比較されるものとしてRed Giant社のKnoll Light Factoryがありますが、使いやすさなどからいって現場ではOptical Flareの方が多く使用されていると思います。

また、Video CopilotのWebサイトで、チュートリアルも公開されていて、実写合成などを行いたい方にとっても、必須のプラグインだと思います。

 

Reel Smart Motion Blur

http://www.flashbackj.com/revision_effects/motionblur/

RE:Vision Effects社が販売しているモーションブラープラグインです。After Effectsデフォルトのモーションブラーよりも高速で自然にかかるため、業界標準として使用されています。

実写合成との相性もよく、作ったCG素材にきちんとしたモーションブラーを付けることで、よりリアルに見せることができます。

 

Lenscare

https://www.flashbackj.com/frischluft/lenscare/

frischluft社のリアルなボケをシミュレートするプラグインです。こちらは主にCGをやる人向けになりますが、ボケを付け加えることによって、より映像に現実味がましたり、またミニチュアのように意図的にボケを強調したような表現ができます。

こちらもAE標準のボケよりも高速で高品質なので、業界標準のプラグインとしても使われています。

 

モーショングラフィックス向けのプラグイン

以下の記事では、モーショングラフィックスを作る際におすすめのプラグインを紹介しています。

【After Effects】モーショングラフィックス向けのプラグインまとめ

2017.11.24

 

役立つフリープラグイン

持っておくとかなり役立つフリープラグインです。

【無料】ビームや魔法を簡単に作成できるVideo Copolit「Saber」

2018.05.20

OLM Digitalが無償公開してくれているフリープラグイン「OLM Open Tools」

2018.06.26

 

作業効率化のための役立つスクリプトやテンプレ

プラグインとは少し違いますが、Afterで作業を効率化させるスクリプトやテンプレを以下の記事で紹介しています。

【無料】大量にオブジェクトを複製、一括で操作するフリープラグイン「Utility Box」

2018.06.07

手書き風表現(Doodleエフェクト)にオススメのプリセット

2018.05.27

まとめ

プラグインのことを知ると、AEデフォルトの機能には戻れなくなりますよね。。

しかしプラグインを買うとなると費用がかさむため、僕はできるだけフラッシュバックジャパンのセールの時期にしか買わないようにしています。

セール情報はこちらにまとめています。

After Effects プラグイン セール情報まとめ

2017.11.24

フラッシュバックのセールには周期がありセール時期だと半額くらいで買えるのでおすすめです!

After Effectsの可能性を広げてくれるプラグイン達。ぜひ、この機会に色々なプラグインを見てみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク