【After Effects】モーショングラフィックス向けのプラグインまとめ

AfterEffects_icon

スポンサーリンク

After Effectsでモーショングラフィックスをする際、デフォルトの機能では限界があります。

しかし、プラグインを使うことで様々なモーショングラフィックス的な表現ができるようになり、また時間の大幅な節約にもなります。

今回はAEで、モーショングラフィックスを作る際に持っておいた方がいいプラグインをまとめました。

Animation Composer(無料/一部有料)

https://misterhorse.tv/

数多くのアニメーションプリセットが搭載され、レイヤーに適用するだけで、素早くスケールやモーションアニメーションをすることができます。無料版だけでも十分だと思います。有料版だと、さらに多くのモーションプリセットが追加されます。

デメリットとしては、タイミングやスピードの調整がしづらく、何かと融通がきかなかったりします。しかし、そこまで動きにこだわらないということであれば、時間の節約の面で大きなメリットになるでしょう。

※日本語版だとうまく動作しないバグがあるようです。英語版での使用をオススメします。

Newton


http://www.flashbackj.com/motionboutique/newton/

2Dでの物理シミュレーションを実現するプラグインです。

モーショングラフィックの中で重要になる重力や反発、摩擦などの効果を2Dレイヤーに加えることができます。

最近にNewton 3が発売され、Car Rig車のタイヤの動きをシミュレートする機能などが強化されている様です。

Pastiche

https://www.flashbackj.com/aescripts/pastiche/

たくさんのアイコンが集まって文字になるような表現をすることができます。

Mobo Motion Bundle」というセットでNewtonと一緒に売られているので、Newtonも購入しようとしている人は、こちらのセットを買った方がお得かもしれません。

※Mobo Motion Bundleは、同じページのセット製品部分にあります。

Springy FX

http://www.flashbackj.com/aescripts/springy_fx/

適用したレイヤーに慣性やゴムのような表現を追加できるプラグインです。
水面が揺れる表現や、カーテンが揺れるような表現をするときに便利です。

Duik(無料)

 

https://rainboxprod.coop/en/tools/duik/

キャラクターリギング用のプラグインです。AE内でIK(Inverse Kinematics)を実現するツールです。

IKとは、説明が難しいのですが、例えば人形でいうと、足首を動かすと膝も連動して動くような仕組みのことです。After Effectsでキャラクターアニメーションを動かしたいという方は、ぜひ入れておきたいプラグインです。

同じようなプラグインで、Rubber Horseというものがありますが、私もまだ使ったことがないので、また使い次第レビューを書きたいと思います。

持っておきたいプラグイン

After Effectsを使う上で、作業効率化等で持っておきたいプラグインを以下の記事にまとめています。よかったらご覧ください。

After Effects使いが絶対に持っておきたいプラグインまとめ

2017.11.23

【プラグイン】After Effectsのレイヤーを簡単にコロコロさせるスクリプト「Roll it!」

2018.09.14

まとめ

After Effectsはデフォルトの機能でもたくさんのことができますが、プラグインを使うことで様々な表現ができるようになることが大きなメリットだと思います。それにより、自分の作品の幅が広げることができます。

また、以下のページで各プラグインサイトでのセール情報をまとめています。

時には通常の半額ほどで買えたりするので、プラグインを購入する際はぜひチェックしてみてください。

After Effects プラグイン セール情報まとめ

2017.11.24

 

スポンサーリンク