絶対に押さえておきたい映像フリーランス御用達のテンプレ・素材サイトまとめ

TemplateSite_Eyecatch

スポンサーリンク

こんにちは!hiroです。

今回は、フリーで仕事をする中でよく利用しているテンプレ・素材サイトをご紹介します。

日々の作業の効率化や時短になればと思います。

Videohive(Envato Market)

Videohive

https://videohive.net/

老舗の素材・テンプレサイトとして外せないVideohive(Envato Market)。テンプレのクオリティが高く、見ていると欲しくなる様なテンプレが多いサイトです。また、BGMを探す際に利用するAudiojangle、グラフィック素材のGraphicriverなどもあり、カテゴリごとに名前がわかれています。

僕が普段使っているのは、VideohiveとAudiojangleで、特にVideohiveはクオリティが高いのに値段もそこそこなので、けっこう利用しています。売れている順、価格帯など様々な条件でソートでき、テンプレサイトの中では一番使用頻度の高いサイトです。

押さえておきたい素材・テンプレートサイト「Envato Market」の使い方

2018.05.24

Motion Elements

Motion Elements

https://www.motionelements.com

Motion Elementsは、アジア最大級のテンプレ・素材サイトです。購入した素材はロイヤリティフリーで何度でも商用利用できるのも大きなメリットです。最近、AfterEffectsやPremiereのテンプレートから映像素材、効果音やBGMまでが使い放題になるサブスクリプションが始まり、色々な素材を動画制作に使いたい人にもおすすめです。

Pond 5

Pond 5

https://www.pond5.com

Pond 5も素材・テンプレサイトとして有名なサイトです。僕の場合は、テンプレというよりも素材を探すときにPond 5を使う感じで、結婚式のプロフィール映像などで使われるカウントダウンのフッテージだったり、VJ素材が豊富なイメージがあります。

Videoblocks(Storyblocks)

VIDEOBLOCKS
https://www.videoblocks.com

Videoblocksは月額制で素材をダウンロードできるテンプレ・素材サイトです。特徴は、年間契約だと他のサイトと比べてダントツで安く素材やテンプレを購入できるところ。Basic Planだと月額$19で5つの映像素材をダウンロード可能。年間で契約すると月額料金$8ほどで5素材をダウンロードできます。よって、約$1.6ほどで素材をダウンロードできる計算になります。

こちらも一度ダウンロードした素材は、ロイヤリティーフリーで何度でも使用することができるので、安く素材を探すならここのイメージです。注意点としては、月額制でダウンロードできるものは、∞のマークがついたもののみなので気をつけてください。

まとめ

今回は、僕が普段使っている映像製作で役立つ素材・テンプレサイトをご紹介しました。

僕の場合は、AEテンプレートはVideohiveMotion Elements、フッテージや映像素材などはPond 5Videoblocksから探していく感じです。テンプレやロイヤリティーフリー素材を適度に使うことで、スピード感とクオリティを共存させつつ作業を進めることができると思うので、ぜひうまく活用してみてください^^

スポンサーリンク