After Effects

【コストを抑える】知っておきたい映像制作で使える素材・テンプレのサブスクサービスまとめ

Thumbnail-Default

こんにちは。hiroです。

今回は、映像制作での作業効率化や素材・テンプレート等のコストを抑えるために、知っておきたいサブスクリプションサービスをまとめました。

現在の流れとして、「ベースのサブスク」+「必要に応じて素材・プラグイン・テンプレを別途追加」の流れがスタンダードになりつつあるかなと思います。

クオリティとしては、製品の単体販売よりも若干劣る気はしますが、幅広いバリエーションのものを使えるので、仕事などで素材が大量に必要だったり、広い範囲をカバーしたい人におすすめです。

注意点として、各サイト、素材・テンプレート等の再配布・自己制作申告は認められていません。通常仕事等で使用する範囲であれば問題ないと思いますが、念のため各サイトのライセンスにも目を通してみてください。

Envato Elements(year = $198)

EnvatoElements

https://elements.envato.com/pricing

年間一括:$198 / 月払:$33

商用利用可能な5,200万以上のイラスト、写真、動画、WordPress、Ae・Prテンプレートなどを定額でダウンロードできるサイト。おそらくコスパ最強

単体販売サイトであるEnvato MarketVIdeohive)のテンプレートも含まれていることが多く、まずこちらを確認してからVideohiveで購入するのがおすすめ。

おしゃれで素材数が多く、様々な素材を使えるのでバランスがいいです。

Motion Array(year = $249.99)

MotionArray

https://motionarray.com/

年間一括:$250 /  月払:$30

最近話題になっている、おしゃれなAe・PrのテンプレートをダウンロードできるMotion Array。リリース当初はPrが多かった印象ですが、最近はその他、AEFinal CutDavinciなどのモーション素材LUTプリセットも充実しています。

Premiere Proに独自のプラグインをインストールすることもでき、Premiereでのトランジション等を効率よく作成したい人にもおすすめです。

注意点として、「Editorial use only」と表記があるものは、広告用途には利用できない(記事等への使用はOK)ので、その点は注意してください。

MotionElements(year = 25800円)

MotionElements

https://www.motionelements.com/ja/subscribe

年間一括:25800円

アジア最大級のテンプレートサイトMotionElementsのサブスクリプションサービス。スタンダードで使いやすい素材が多く、これから動画作りを始めるという人に適している印象。

UIが日本語対応しており素材が探しやすい点や、サポートが手厚く、海外テンプレートで日本語に未対応のエクスプレッションを対応してくれたりと、AE初心者でも安心して使えます。

Artlist($199等、プランにより異なる)

Logo_Artlist

https://artlist.io/

年間一括:$149(効果音のみ)/ $199(BGMのみ)/ $299(BGM+効果音)

BGMのコスパ最強サブスクと言えるArtlist。クオリティ高い楽曲が$200ほどで使い放題になり、他のサブスクで補完しきれないBGMの弱さをカバーしてくれます。最近は効果音も使い放題になるプランも追加されています。特に実写との相性が抜群で、ビデオグラファーにも人気が高い印象です。

+2ヶ月分無料になる紹介リンクなので、よかったら使ってください。

ArtGrid($299〜、プランにより異なる)

Logo_ArtGrid

https://artgrid.io/

年間一括:$299(Full HD)/ $499(4K、ProRes)/ $599(4K、Raw、Log)

Artlistの映像版定額サービスArtGrid。映像素材に特化したサイトで、映画のようなクオリティの高い映像が年間$300ほどで使い放題になります。SNSで見かけるかっこいい映像でもArtGridの映像が使われていることが多々あります。こちらも映像素材の補完として契約しています。

+2ヶ月分無料になる紹介リンクなので、よかったら使ってください。

まとめ

今回は、映像制作に使えるサブスクサービスをご紹介しました。

最近では、YouTubeなどで動画制作を行う人も増えてきたため、こういった定額サービスの素材を使った例も多く見られるようになりました。

テンプレなどは、そのまま使ってしまうと利用している人はわかってしまうので、「組み合わせたり、少しアレンジする」などすると、だだ被り感もなくオリジナリティが増していいかなと思います。

ぜひ制作にうまく取り入れてみてください🙂