Blender

【Cinema4D/Blender】125人の3Dアーティストがコラボした「PARALLEL DIMENSIONS」が素晴らしい!

こんにちは。

今回は、3D ArtistのClinton Jones氏の発案で、125人のアーティストがコラボした「PARALLEL DIMENSIONS」という作品が素敵だったので紹介したいと思います。

PARALLEL DIMENSIONS

PARALLEL DIMENSIONS」は、125人の3Dアーティストが同構図のテーマでそれぞれの世界観を表したモンタージュ作品です。

ディストピアや侍、人が小さくなった世界やセル/アニメルックなど様々なアーティストの世界観やスタイルを見ることができ、とても見応えのある作品になっています。

 

こちらのベースとなったプロジェクトファイルは、Clinton氏のPatreonの以下の投稿からダウンロードできるようになっています。

 

Clinton_CommunityChallenge

 

PARALLEL DIMENSIONSに関しては、Cinema 4DBlenderのベースシーンファイルとその他3Dソフト用のFBXが入っています。

 

Clinton氏は他にも、2400人のアーティストとともコラボした「Alternate Realities」という作品もYouTubeに投稿しており、こちらのベースファイルも先ほどと同じPatreonのリンクからダウンロードできるファイルに含まれています。

Alternate Realities

 

Clinton氏は度々Render Challengeとして今回のような企画を行っているので、興味のある方はPatreonnなどで彼のコミュニティに参加してみてはいかがでしょうか?

最後に

モーションキャプチャーのアニメーションを使ったウォークスルーというのは、チュートリアルなどで度々見かける表現ですが、作品としては単調になりがちなので、あまり多用できる演出ではないと思っていました。

今回のように、ひとつのテーマとして様々なスタイルを繋げてみると、バラバラの世界観で作品を作ったとしても、モンタージュという統一性ができておもしろいかもしれませんね。

ベースのシーンファイルは、Patreonのリンクからダウンロードできるので、キャラクターを差し替えたり、オリジナルの背景を作成して挑戦してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました🙂

その他の関連記事

Blender-Tutorial-motioncapture
【Blender】無料でできるMixamoのモーションキャプチャーを使ったアニメーションチュートリアルAdobeがモーションキャプチャーライブラリーである「Mixamo」を買収したことにより、個人作品でもモーキャプデータを使った表現が一般...
Blenderクオリティアップアドオン
【Blender】クオリティアップに役立つ絶対に持っておきたいおすすめアドオンまとめSNSなどで目にするクオリティの高いCG作品の中には、プラグインやアドオン、3Dアセット等を使用していることも多いです。 この記事...
cinema 4D - Motion capture
Cinema 4Dでモーションキャプチャーデータを使ってCGキャラをアニメーションさせるチュートリアルこんにちは。 今回は、GreyscallegorillaのNick Compbell氏が解説するCinema 4DでAdobe M...
Cinema4Dで持っておきたいプラグインプリセットまとめ
【Cinema4D】C4Dで絶対に持っておきたいプラグイン/プリセット/3Dモデルこんにちは。hiroです。 今回は、Cinema 4Dユーザーが作品のクオリティを上げやすいように持っておきたいプラグインやプリセ...
\ Adobe CCを通常版で使っている人は必見 /

Adobe CCを通常版で購入している人は以下の買い方だと
月額費用を約6,000円→3,300円とほぼ半額まで節約できます。
節約した金額をプラグイン代などに当てた方が効果的なので、
よければ以下の記事を読んでみてください。

thumbnail_AdobeCCをほぼ半額で使う方法
【45%オフ】全員知っておいてもらいたいAdobe CCをほぼ半額で購入する方法(商用可)今回は、全員に知っておいてもらいたいAdobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)を、 最大45%オフで購入す...