Blender

【Blender】クオリティアップに役立つ絶対に持っておきたいおすすめアドオンまとめ

こんにちは。

今回は、Beepleさんの様なデジタルアートや映像作品を作りたい時にクオリティアップで役に立つBlender用のアドオンを紹介します。

SNSなどで目にするクオリティの高いCG作品の中には、プラグインやアドオン、3Dアセット等を頻繁に使用していることも多いで、何か制作の役に立てば嬉しいです。

Thumbnail_BlenderMarketSaleInfo
【知っておきたい】Blender Marketのセール時期と有名アドオンまとめ今回は、Blenderユーザーなら知っておきたい便利なアドオンやアセットを購入できる「Blender Market」のセール時期やよく購...

おすすめのアドオン

Physical Starlight Addon(フォトリアルな空を1クリックで作成)

https://blendermarket.com/products/physical-starlight-and-atmosphere

1クリックで空気感のあるクオリティの高い空を作成してくれるアドオンです。

サイドパネルから、太陽の調整フォグ星空を追加でき、フォトリアルな空を簡単に作成することができます。

Pure-Sky」のように雲のアニメーションや上空の表現とまではいきませんが、空やフォグを手軽に加えることができるので、フォトリアルな絵作りをしたい人におすすめです。

Pure Sky(光の筋/アニメーションの雲/宇宙 / Winのみ)

https://blendermarket.com/products/pure-sky

アニメーション可能な雲を含む空を表現できるアドオンです。日の出/日没/夜のシーンなどを数クリックで作成でき、雲から漏れる光の筋(ゴッドレイ)も表現できます。

Space版では大気圏・宇宙のシーンを作成することもできます。

Mac未対応なのが残念ですが、上のPhysical Starlight Addonよりも動きのある空を表現したい場合におすすめです。

Extreme PBR Nexus(大容量のマテリアルプリセット)

https://blendermarket.com/products/extreme-pbr-addon-for-blender-279-2

約2000ものマテリアルプリセットが入った有名なマテリアルライブラリー系のアドオンです。豊富なマテリアルを見ながら、金属地面レンガプラスチックアニメーションが付きの水面など、他にも様々な種類のマテリアルの中から数クリックで簡単にマテリアルを適用できます。

最近のアップデートにより、カーペイントマテリアルテクスチャペイントSSS(Subsurface Scattering)摩耗などエッジへの質感の追加など、さらに多彩な表現ができるようになりました。

マテリアルのダウンロードに時間がかかるのがデメリットですが、一度ダウンロードしてしまうとマテリアルを選ぶ場面で躊躇することがなくなるので、幅広いシチュエーションで使えるアドオンです。

HDRI Maker(大容量のHDRIプリセット)

https://blendermarket.com/products/hdri-maker

HDRIのライブラリープリセットアドオンです。400種類ほどのHDRIを数クリックでシーンに追加することができます。

シャドウキャッチャー3DモデルからHDRIを簡単に作成する機能にも対応していて、地面にもプロジェクションできるので、ちょっとしたシーンだとこれだけで環境をセットアップすることもできます。

Scatter(沢山のオブジェクトを配置/プリセットも多数)

https://blendermarket.com/products/scatter

たくさんのオブジェクトを簡単に配置/調整できる有名アドオンです。また「Biome」と呼ばれる植生プリセットから選択することで、数クリックで草や木、岩などを配置・調整できるので、草原や森の中といったシーンもすぐに作成することができます。

Biomeは、「Vertical Scape」や「Glassblade」などのアドオンを別途購入することにより植生プリセットを追加できるので、使いたいシチュエーションに合わせてカスタマイズすることもできます。

Botaniq(アニメーション付きの植物ライブラリー)

https://blendermarket.com/products/botaniq-trees

Blenderで植物を使いたい」と言ったらコレ!というくらいの定番アドオンです。とにかく大量の花、樹木などの植物アセットが入っていて、サボテン植木鉢剪定された木々四季によって葉の色が変わった樹木など、多数のモデルが含まれています。

Add Animation」のボタンを押すことで、植物に風のアニメーションを簡単に追加できるので、アニメーション付きの植物が欲しいという人にもおすすめです。

Spyderfy(鳥・蝶などの群れを作成・コントロール)

https://blendermarket.com/products/spyderfy-bug-system-add-on

動物や昆虫の群れを数クリックでシーンに追加できるアドオンです。目標を設定し、それに向かって移動させたり、飛ばすことができます。

v2のアップデートでスズメカラストンボなど汎用的に使いやすいモデルが増え、幅広いシーンで使えるようになりました。

群衆要素を簡単に追加できる個人的には神アドオンです。

Traffiq(乗り物を簡単にシーンに追加・アニメーション)

https://blendermarket.com/products/car-library-traffiq-vehicles-for-blender

乗り物をシーンに追加/アニメーションできるアドオンです。車の内装まで正確に表現されており、色の変更ライトの制御地面への設置、車体へのの追加など、乗り物に関する様々な表現ができます。

信号や標識ベンチなどの背景モデルも含まれており、「v1.4」になったことで飛行機ヘリコプターボート等が追加され、より幅広いシーンで使えるようになりました。

The Coral & Creatures Collection(海の中のシーンを簡単に作成)

https://blendermarket.com/products/the-coral–creatures-collection

簡単に海中のシーンを作成できるライブラリーです。大量のアニメーション付きの熱帯魚イルカクジラシャチサメなどの生き物から、サンゴ泡のパーティクル海中のスモーク表現など、海の中のシーンを作成するのに役立つアセットが数多く含まれています。

今後のアップデートによりさらに海の生き物が追加される他、作者のTRBrenders氏は売り上げの半分をTeamSeasという海を綺麗にするプロジェクトに寄付しており、購入することで寄付にもなるという面白い取り組みを行なっています。

Random Flow(Sci Fi系のディティールを簡単に追加)

https://blendermarket.com/products/random-flow

Sci-Fiやハードサーフェイス系のディティールを簡単に作れるアドオンです。パネルなどの表面上の凹凸や円形のビル群などを数クリックで作成・調整することができます。

パラメータを調整するだけで、凹凸をランダムに作成してくれるので、一からモデリングする必要がなく、ディティール製作が面倒な人にもおすすめです。

Animation Node(複雑なアニメーションをノードで作成できる – 無料)

https://animation-nodes.com/

ノードにより複雑なアニメーションの作成を効率化するアドオンです。AEやC4Dで言うエクスプレッションに近い感覚でアニメーションを作ることができます。

BlenderでC4DのMographのようなアニメーションをさせたい時に便利です。

Cablerator(ケーブルを簡単に作成・調整)

https://blendermarket.com/products/cbl

ケーブルを簡単に作成・調整できるアドオンです。大量のケーブルを作成したり、ケーブル間の接合や形状の変更も簡単に行うことができるので便利です。

BY-GEN(有機的・幾何学な形状を簡単に作成 – 無料)

https://gumroad.com/l/BY-GEN

有機的な形状幾何学的なメッシュを簡単に作ることができるアドオンです。穴の開いた抽象的な表現や特徴的なポリゴンの形状の表現を簡単に作ることができます。

fSpy(実写からカメラ情報を解析 – 無料)

https://fspy.io/

fSpy」は、静止画からカメラ情報を解析するソフトです。画像内の直線を指定することで、カメラ位置やレンズのミリ数などを割り出すことができます。解析したカメラ情報は専用のアドオンでBlenderに読み込むことができ、実写合成の際に重宝します。

最後に

今回は、効率よくクオリティの高い作品を作る際に使えるBlender用アドオンを紹介しました。

複雑に思えるものも、プラグイン・アドオン数クリックで作られていたりと、知っていると大幅に変わってくる内容なので、うまく制作に取り入れてみてください🙂

アドオンはセール時などを利用して購入するのがおすすめなので、セール情報に関しては適宜こちらの記事もご覧ください。

thumb_SaleInfo
【After Effects・CG】プラグイン・テンプレ・3Dモデルセール情報まとめ現在開催中のAfter Effectsや3DCGのプラグイン・テンプレート、3Dモデルなどの素材に関するセールやこれまでのセール情報を掲...

その他のBlender関連記事

Blenderで絶対に持っておきたい無料アドオンまとめ
【無料】Blenderで絶対にダウンロードしておきたいおすすめアドオンまとめ今回は、高機能な無料の3DCGソフト「Blender」で無料で使用できる便利なアドオンをまとめました(随時追加) 無料とは思えない...
Kama
【Blender】Yusuf Umar氏が再現したFGO「Kama」のBlenderファイルが販売中3DアーティストのYusuf Umar氏が作成したFate Grand Orderに登場するカーマを再現した作品がArtStationに...
Blender-Collection-Group-control
【Blender】コレクション(グループ)内のオブジェクトを一括で選択する方法こんにちは。 今回は、知っておくと便利なBlenderで「コレクション(グループ)内のオブジェクトを一括で選択する方法」について紹...
Blender-Gizmo-Shortcut
【Blender】ショートカットキーを押した際にギズモ(マニュピレーター)を出す方法こんにちは。 今回は、Blenderでショートカットを押した際に「ギズモ(マニュピレーター)」を表示させる方法について紹介します。...
Blender-target-camera
【Blender】カメラをターゲットの方向に向け続ける方法(Track Target / Follow Target)こんにちは。 今回は、知っておくと役に立つBlenderで「カメラをオブジェクト(ターゲット)の方向に向け続ける方法」を紹介したい...
\ Adobe CCを通常版で使っている人は必見 /

Adobe CCを通常版(月額約6,000円)で購入している人は、
以下の買い方で約3,300円と、半額ほどまで節約できます!
浮いた分をプラグイン代などに回した方が無駄がないので、
ぜひ試してみてください!

thumbnail_AdobeCCをほぼ半額で使う方法
【45%オフ】全員知っておいてもらいたいAdobe CCをほぼ半額で購入する方法(商用可)今回は、全員に知っておいてもらいたいAdobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)を、 最大45%オフで購入す...