Unityで覚えておきたいショートカットキーまとめ

Unity_Eyecatch

スポンサーリンク

こんにちは!Hiroです。

今回は僕が普段よく使うショートカットで、Unityを使う上でぜひ覚えておきたいショートカットをまとめました。(随時更新)

基本操作

視点を平行移動

Q

移動 / 回転 / スケール

W / E / R

ゲームモードの開始・終了

開始:Command + P

終了:再度Command + Pを押す

現在の視点をカメラの視点に設定

Command + Shift + F

選択しているパネルでAsset Storeを表示

Command + 9

選択しているものを削除

Command + Delete

アクティブウィンドウを最大化

Shift + Space

パネルをフローティングさせる

Shift を押しながらパネルの名前部分をドラッグ

現在の視点をカメラの視点にする

カメラを選択して、Ctrl + Shift+ F

 

Animation

Animationウインドウを表示

Shift + 6

タイムラインの拡大縮小 / 移動

拡大・縮小:中ボタンスクロール

移動:中ボタンドラッグ

ドープシート、カーブウィンドウの切り替え

C

選択したキーフレームを中心に表示

キーフレームを選択してF

全体表示

A

アニメーションの再生 / 停止

Space

現在のポイントにキーフレームの追加

K

フレームの移動

1フレ進む:>

1フレ戻る:<

最初に移動:Shift + <

最後に移動:Shift + >

数値の入力

キーフレームを選択してEnter

 

 

まとめ

Unityでの作業を効率化するショートカットをご紹介しました。

ショートカットを覚えると作業効率も上がり、テンポよく製作をすすめられるので、新しいソフトや技術を覚える際はマストになってきます。

でぜひ使ってみてくださいね^^

スポンサーリンク