Premiere ProとAfter Effectsの意外と知らないちょっとした時短テク

PrToAe_Eyecatch

スポンサーリンク

こんにちは!hiroです。

Premiereで編集中の素材をサクッとAEに持っていきたいと思ったことはありませんか?

もちろんDynamic Linkを使うと簡単にPrからAEにもっていくことができるのですが、Dynamic Linkは重いだけでなく、AEで調整するたびにPr側でレンダリングが必要なので僕は普段あまり使いません。

そこで、確か2019からだったと思うんですが、PremiereからAfter Effectsへの「クリップのコピー&ペースト」ができるようになりました。

やり方は簡単で、PremiereでAEに持っていきたいクリップを選択してCommand + Cでコピー、After Effectsのタイムラインをアクティブにして、Command + Vでペーストするだけです。(複数選択も可)

クリップは、AEのプロジェクトパネルに自動で追加され、Premiereでトリミングした情報を保持して、タイムライン上に配置されるのでかなり便利です。

premiere to after effects img01 premiere to after effects img02

 

Premiere側でネストしてある場合も、貼り付け時にAE側でコンポジションを作成してその中に格納してくれます。

また、LumetriカラーをPrで適用している場合は、Lumetriカラーのエフェクトがかかった状態でAEに持っていくことができます。(Pr側でクリップのマスターにLumetriをかけている場合は持っていけないので注意!)

 

また同様に、After Effetsの映像素材をコピペでPremiereへ貼り付けることも可能です。(この場合、インジケーターの位置に貼り付け)

音付きの映像の場合は、After Effects側でレイヤーの音がONになっていないと、Premiereでオーディオが貼り付けされないので気をつけてください。

また、AE → PrはLumetriのエフェクトは持っていけなかったはずなので、その点も気をつけてください。

 

まとめ

僕の場合は、AEで編集した後は、「ProRess 422」や「ProRess 422 HQ」で書き出してPremiereで読み込んで戻す場合が多いです。

意外と知らなかったりするので、時間がある時に一度試してみてください^^

スポンサーリンク