After Effects

【テクニック】ビネットを入れて雰囲気のある映像にしてみよう!

Vignette

こんにちは!Hiroです。

今回は、僕が映像でよく使う「ビネット(Vignette)」についてのご紹介です。

ビネット(Vignette)は、ケラレとも呼ばれ元々は「レンズの周辺が中心に比べ暗くなる」ことをいいます。

意図的にビネットを使うことで中心に意識を持って行くことができ、シリアスな雰囲気だったりより締まりのある映像にすることができます。

インスタなどの写真加工アプリでもよく見かける効果です。

作り方はいくつかありますが、After Effectsの場合、線の黒い円を作りブラーなどをかけ半透明にするなどして作ることができます。

作ったビネットをPNGなどに書き出して、Premiereで一番上に重ねると編集もスムーズになると思います。

また、色調補正のプラグインなどには、Vignetteというプロパティがあり(Mgic Bullet Looksなど)簡単に追加することができるものもあります。

一度やるとかなり多用したくなる効果ですが、作る映像によって使い分けるようにしてください^^

\ Adobe CCを通常版で使っている人は必見 /

Adobe CCを通常版で購入している人は以下の買い方だと
月額費用を約6,000円→3,300円とほぼ半額まで節約できます。
節約した金額をプラグイン代などに当てた方が効果的なので、
よければ以下の記事を読んでみてください。

thumbnail_AdobeCCをほぼ半額で使う方法
【45%オフ】全員知っておいてもらいたいAdobe CCをほぼ半額で購入する方法(商用可)今回は、全員に知っておいてもらいたいAdobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)を、 最大45%オフで購入す...