After Effects

【チュートリアル】ガラスについたリアルな雨粒を作る

AE_raindrop

今回は、After Effectsで窓についたリアルな雨を作るチュートリアルの紹介です。

こちらのチュートリアルはAE標準のエフェクトだけでできています。

Realsitic Rain Deop FX Tutorial! 100% After Effects!

 

手順としては、

①白い平面を細長い雨の形にマスクを作成。

②下に落ちるアニメーションをつける(上から垂れる雨粒)

CC Particle Worldで雨粒を作成(突然ガラスにくっつく雨粒)

Tarbulent Displaceで雨っぽい動きに。

CC Glassを適用して雨の質感に。

という感じです。

 

ただこれ、かなりレンダリングが重いです。

私のMacbookだと、ものすごい轟音でファンが回り始めました。。

After Effectsのデフォルトの機能だけでできるので、是非挑戦してみてください^^

 

雨が好きならこちらの記事もどうぞ!

Realistic Rain Tuto
【チュートリアル】After Effectsでリアルな雨を作るチュートリアルこんにちは! After Effectsをはじめたら、一度はやってみたいことの一つに「雨を作ってみたい」と思うことってありますよね...
\Envato Elementsが7日間無料 /

現在、 素材・テンプレートを無制限にダウンロードできる
コスパ最強のサブスクサービス「Envato Elements」が
7日間無料体験を実施しています!

5,800万以上のイラスト、写真、映像素材やAe・Pr等のプロジェクトファイルを
無制限にダウンロードできるので、ぜひ試してみてください!

【知っておきたい】EnvatoElements
【5,800万の素材が使い放題】表現の幅が広がるサブスク「Envato Elements」こんにちは!まるもりです。 皆さんは、「動画で使う画像や動画素材は、どこから取ってくればいいの?」と思うことがありませんか? ...