After Effects

【チュートリアル】ガラスについたリアルな雨粒を作る

AE_raindrop

今回は、After Effectsで窓についたリアルな雨を作るチュートリアルの紹介です。

こちらのチュートリアルはAE標準のエフェクトだけでできています。

Realsitic Rain Deop FX Tutorial! 100% After Effects!

 

手順としては、

①白い平面を細長い雨の形にマスクを作成。

②下に落ちるアニメーションをつける(上から垂れる雨粒)

CC Particle Worldで雨粒を作成(突然ガラスにくっつく雨粒)

Tarbulent Displaceで雨っぽい動きに。

CC Glassを適用して雨の質感に。

という感じです。

 

ただこれ、かなりレンダリングが重いです。

私のMacbookだと、ものすごい轟音でファンが回り始めました。。

After Effectsのデフォルトの機能だけでできるので、是非挑戦してみてください^^

 

雨が好きならこちらの記事もどうぞ!

Realistic Rain Tuto
【チュートリアル】After Effectsでリアルな雨を作るチュートリアルこんにちは! After Effectsをはじめたら、一度はやってみたいことの一つに「雨を作ってみたい」と思うことってありますよね...
\ Adobe CCを通常版で使っている人は必見 /

Adobe CCを通常版(月額約6,000円)で購入している人は、
以下の買い方で約3,300円と、半額ほどまで節約できます!
浮いた分をプラグイン代などに回した方が無駄がないので、
ぜひ試してみてください!

thumbnail_AdobeCCをほぼ半額で使う方法
【45%オフ】全員知っておいてもらいたいAdobe CCをほぼ半額で購入する方法(商用可)今回は、全員に知っておいてもらいたいAdobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)を、 最大45%オフで購入す...