After Effects

簡単に切替え可能!After Effectsを英語版で起動させる方法

AfterEffects_icon

今回は、日本語版のAfter Effectsを英語版で起動する方法について紹介します。

 

AEで、海外製のプラグインやスクリプトを使おうとしたらうまく作動しない表示にも出てこないことって多いですよね。

海外のチュートリアルを参考にする際も、英語版での起動は必須になってきます。

 

After Effectsでは、簡単に日本語版と英語版を切り替えることができるので、ぜひ覚えておいてください。

日本語版のAEを英語版で起動する方法

AE英語版での起動方法

 

やり方は簡単で、ae_force_english.txtという名前と拡張子のテキストファイルを

Windowsならメモ帳、Macならテキストエディットなどを使って作成します。

 

そして、Windowsは「ドキュメント」フォルダの中に、

Macは「書類」フォルダの中に保存します。

ファイル名拡張子のみ認識するので、テキストファイルの中は何も書かれていなくて大丈夫です。

ae_force_english

これで、After Effectsを起動すると英語版で起動されます。

 

日本語版に戻したい時は、

「_(アンダーバー)」などを頭につけて「_ae_force_english.txt」などに名前を変えてAEを立ち上げると、日本語版に戻すことができます。

 

また、英語版で使用したい時は、「_(アンダーバー)」を削除して「ae_force_english.txt」に戻して、AEを起動してください。

最後に

今回の方法を知っていると簡単に「日本語版英語版」を切り替えられるようになります。

 

僕の場合は、昔は個人での作業が多かったので、ほぼ英語版しか使っていなかったのですが、

最近は他の人とプロジェクトファイルをやり取りすることが増えたので、

日本語版メインで、必要なプラグイン・スクリプトを使うときのみ

英語版に切り替えるようになりました。

 

切り替える頻度は人それぞれだと思いますが、

覚えておいて損はない機能なので、ぜひ試してみてください🙂

\ Adobe CCを通常版で使っている人は必見 /

Adobe CCを通常版で購入している人は以下の買い方だと
月額費用を約6,000円→3,300円とほぼ半額まで節約できます。
節約した金額をプラグイン代などに当てた方が効果的なので、
よければ以下の記事を読んでみてください。

thumbnail_AdobeCCをほぼ半額で使う方法
【45%オフ】全員知っておいてもらいたいAdobe CCをほぼ半額で購入する方法(商用可)今回は、全員に知っておいてもらいたいAdobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)を、 最大45%オフで購入す...