【ドローン】DJIからMarvic Proの後継機、「Marvic Air」を発表

Marvic Air

スポンサーリンク

先日、DJIからMarvic Proの後継機として、「Marvic Air」が発表されました。

DJIのドローンとしては、Phantomや Marvic Proなどが有名ですが、

今回のMarvic Airの製品ページや動画を見て、こっちの方が断然いいんじゃないかと今かなり気になっています。

 

【DJI】 Marvic Air 製品ページ

https://www.dji.com/jp/mavic-air

※DJIのドローンは以下のページで比較できます。

https://www.dji.com/jp/products/compare-consumer-drones?from=mavic-air

 

Marvic Proよりさらにコンパクトに

今回のMarvic Airでは、重さが743gから430gへとかなり軽量化させれています。

また大きさも折りたたみ時、16cm×9cm、展開時に16cm×19cmと手のひらサイズになっています。

撮影時もFull HDで120fpsで取れるということで、空撮でのハイスピード映像も可能になっています。

 

障害物を自動で回避するシステムも向上

MarvicAir_image2

出典:DJI公式 Mavic Air

Marvic Airには、前方、後方、底面に7台のカメラが付いていて、障害物を自動で検知し回避する「APAS」という機能があり、

こちらもMarvic ProやPhantom 4よりも高性能になっています。

 

 

ターゲットを自動追跡してくれるアクティブトラック

MarvicAir_ActiveTrack

出典:DJI公式 Mavic Air

一番気になっている点としては、アクティブトラック

自動でターゲットを追尾してくれるで、自分をターゲットにして、自分が移動しても撮影してくれるというめちゃくちゃ楽しそうな機能が付いてます!

 

ここで、1点だけ気になる点が。。

小さくなったので、暗所には弱くなっているはず。。

よりコンパクトになっているため、もちろんセンサーサイズも小さい=暗所での撮影に弱いという点。

ドローンでは、もともと暗所の撮影は苦手だと思うのですが、Marvic Proより小さくなっている点と、カメラもf/2.2からf/2.8になっているのでさらに暗いところでは厳しくなってるんじゃないかな。。

 

それを除いても、Marvic Proとほぼ同じくらいの10万ちょいという価格。

飛行時間は、Marvic Proの27分に比べ、21分と短くなっていますが、高機能+コンパクトになった点を考えると、

十分購入して見る価値はあるんじゃないでしょうか。

 

私は空撮には、まだ手を出せていないんですが、これを機にぜひトライしてみたい。。

今回は、今最も気になるドローン「Marvic Air」の紹介でした。

 

 

 

スポンサーリンク