【効率化】Adobe Capture CCを使って、速く簡単にベクターデータを作成しよう!

AdobeCapture_icon

スポンサーリンク

皆さん、Adobe Capture CC使ってますか?

イラレが苦手な僕にとっては、とても重宝しているツールです!

 

Adobe Capture CCとは?

Adobe Capture CCは、Adobeが公式で出しているスマートフォンアプリで、写真を撮るだけで、撮影した画像からベクターデータを自動生成してくれます。他にも、撮影した画像からカラーテーマを作成できたり、カスタムブラシを作成することもできます。

 

■Adobe Capture CC – 公式ページ

https://www.adobe.com/jp/products/capture.html

 

 

Adobeアカウントに紐づいているので、アプリで撮影した画像は、イラストレーターのライブラリウィンドウからベクターデータとしてすぐに使うことができます。

 

やり方は簡単で、取り込みたい画像や参考にしたいものを、Adobe Captureで撮影するだけです。

 

例えば、

Adobe Capture

イラストを書きます。

 

Adobe Capture

 

 

 

 

 

 

Adobe Captureを起動します。

 

Adobe Capture Screen 2

 

 

 

 

 

 

 

Adobeアカウントでログインします。

 

Adobe Capture 1

 

 

 

 

 

 

一番左のシェイプタブを選択して、下のカメラアイコンを押すと撮影できます。

(※すでに撮影している画像がある場合は、カメラアイコンの隣の写真アイコンを押すと、画像を選択できます)

 

 

Adobe Capture photo

 

写真を撮ります。

写真を撮った後に、アプリ上でいらない部分などは削除できます。

 

 

Adobe Capture 2

 

 

 

 

 

 

保存すると、マイライブラリに保存されます。

このマイライブラリはイラストレーターと同期されているので、パソコンでイラストレーターを開きます。

 

Adobe Capture 3

 

Adobeアカウントが紐づいているため、ライブラリウィンドウのマイライブラリに自動的に表示されます。

ライブラリウィンドウが表示されない人は、上メニューの ウィンドウライブラリ から表示することができます。

 

Adobe Capture 4

 

あとは、アートボード上にドラッグ&ドロップするとベクターデータとして調整することができます。

 

 

 

Adobe Capture 5

 

イラストレーター上で、Command + Cでコピーしたパスを、After Effectsの平面などに、Command + Vで貼り付けると、

マスクパスとしてすぐに持ってこれます!

 

まとめ

ベクターデータのいいところは解像度に左右されずにシェイプを扱えたり、After上だとパスアニメーションができるので、意外と使う機会が多いかもしれません。

 

今まで使っていなかった人は、ぜひ時短のためにも使ってみてください!

 

スポンサーリンク