【VJ】Resolume Avenueの使い方、基礎、基本、チュートリアル等をまとめました<Part2>

ResolumeLogo

スポンサーリンク

Part1の続きです。

Resolumeの画面の見方、操作方法・チュートリアル参考サイトなどをまとめています。

画面上部

Resolume_画面上

 

デッキ

画面上部の部分(赤枠)を”デッキ”と言います。素材の選択、重なる順番などを指定することができます。

レイヤー

デッキの横一列(緑枠)を”レイヤー”といい、Photoshopなどと同じで、上にあるレイヤーが下のレイヤーに重なっています。

レイヤーの左部分は、ボタンとフェーダーになっていて、音量や見え方などを調整することができます。

B:バイパス
S:ソロ表示
Add:現在の描画モード。今は「Add:加算」になっています。
M:Master(音と映像を同時に操作する)
A:Audio、音
V:Video、映像

 

カラム

縦一列(黄枠)を”カラム”といいます。

クリップ

素材1個1個が入る部分(青枠)を”クリップ”といいます。動画や音声データが入ります。

 

画面下部

Resolume_画面下

 

アウトプットウィンドウ

実際に出力される映像を確認できます。

 

プレビューウィンドウ

選択した素材の映像を確認できます。(出力前)

 

コンポジション・レイヤーウィンドウ

コンポジションウィンドウでは、映像全体の設定をすることができます。

レイヤーウィンドウでは、現在選択しているレイヤーの設定をすることができます。

 

クリップウィンドウ

現在選択しているクリップの設定をすることができます。

 

メディアライブラリ

素材を検索し、ドラックアンドドロップで、デッキの方に素材を追加することができます。

Effectsタブでは、映像や音にかけるエフェクトを検索できます。

Sourceタブでは、Resolume内で作成できる、円や文字などを選択・調整し、デッキに追加することができます。

 

基本的な使い方

右側のファイルブラウザーなどから、映像ファイルやオーディオファイルを読み込み、デッキにドラッグ&ドロップで配置し、再生するクリップを選択、エフェクト、パラメーターなどを調整というのが大まかな流れになります。

 

Resolume Avenue 3の時の動画になりますが、ファイルのインポートからプレビュー、キーボードショートカット、エフェクトなど一連の流れを知ることができます。

 

参考になるチュートリアル

まずはこの辺りを見ておけば間違いないかと。。

こちらの動画では、日本語で丁寧に解説されています。

 

チェックしておきたいサイト

●SabaleoN 鈴木さんのブログ

szkhaven.com

今回参加したセミナーの資料を公開してくれています。Resolumeの各エフェクトについての解説などもしてくれていて、Resolumeを始めた人はぜひ見ておきたいサイトです。

●Beeple

https://www.beeple-crap.com/ 

VJとして知っておきたいBeepleさんのサイトです。Beepleさんは、ハイクオリティのVJループを公開してくれているCGクリエイターです。詳しくは以下の記事で解説していますので、宜しければご覧ください。

VJ・Cinema4Dユーザーなら知っておきたい人物「Beeple」とは?

2018.07.02

スポンサーリンク