CG

Cinema 4Dを独学で学ぶ際のおすすめチュートリアルサイトまとめ

CInema4D-TutorialSite-Eyecatch

こんにちは!hiro(hiro803_)です。

After Effectsとの連携や、クオリティの高いモーショングラフィックスやCGを個人でも、

比較的簡単に作ることができるCinema 4D。

 

Red ShiftOctane RenderなどのGPUレンダラーの登場により、フォトリアルなCGも以前よりも速く作成することができるようになりました。

 

また、月額のサブスクリプションが始まったことや、

これまであったStudioなどのバージョンによる機能制限廃止により、

以前よりもC4Dをはじめるハードルがかなり下がってきました。

 

そんなとき、これからCinema 4Dを勉強する際に、まずどこのサイトを見たらいいの?って思いますよね。

今回は、初心者の方向けに僕がC4Dを始める際に参考にしたサイトを集めてみました。

CG Shortcuts

YouTube – CG Shortcuts

Website – CG Shortcuts

Cinema 4DのわかりやすいチュートリアルをたくさんリリースしているCG Shortcutsさん。ひとつひとつのチュートリアルの解説が丁寧で、Cinema 4Dがはじめての方でも無理なくチュートリアルを進めることができます。Youtube動画の説明文のところからシーンファイルもGumroad経由でダウンロードできます。(確かレンダリングの設定まではされていなかったと思うのでご了承を)

アブストラクトアートに興味がある方は、有料コースになりますがUltimate Abstract Artのコースがおすすめです。

レンダリングシーンのテンプレートもついているので、その中で作成することで、簡単にきれいなCGを作ることができます。お得なバンドルパックもあります。

GreyscaleGorilla

Youtube – greyscalegorilla

Website – https://greyscalegorilla.com/

Cinema 4Dユーザーなら誰しも必ず知っているサイト「Greyscalegorilla」オリジナルのプラグインやチュートリアルの販売も行なっています。解説者のNickさんは、説明がとても上手で、英語の発音も聴きやすいです。

たまにプラグインを買わないとできないチュートリアルもあるのでご注意を。

eyedesyn

Youtube – eyedesyn

Website – https://www.eyedesyn.com/

こちらもC4Dユーザーなら誰もが知っているサイト「eyedesyn

どちらかというと、セルシェーディングやカートゥーン系のキャラクターなどのチュートリアルが多いイメージで、2Dっぽい3Dの表現をしたい人にオススメです。

Motion Design School(有料)

https://motiondesign.school/collections/courses/products/cinema-4d-journey

モーショングラフィックスを学べるオンラインスクール「Motion Design School」のCinema 4Dコースです。

おしゃれな作例を通して、モデリング、アニメーション、Mograph、Dynamics、Hairや実写合成、Sketch&Toonなど、基礎から応用まで幅広く学べます。

TheFrenchMonkey

theFrenchMonkey

https://www.tfmstyle.com/

チュートリアルサイトではないですが、フランス人のアーティストTheFrenchMonkey(TFMStyle)さんが、日頃制作している作品のプロジェクトファイルを無料で公開してくれています。最近はRed ShiftやOctane Renderを使って制作したものが多いです。その他にも作品で使用しているオリジナルの高解像度テクスチャ パックなども販売しています。

Cinema 4Dを始める際にぜひ持っておきたい物たち

Red Shift / Octane Render(GPUレンダラー)

グラフィックカード(GPU)の力を使ってレンダリングするGPUレンダラー。速くてきれいなレンダリングをするために必要です。

最近のチュートリアルや、すごいと思う方々の作品には、大抵Red ShiftOctane RenderのどちらかのGPUレンダラーが使われているので、ぜひひとつは持っておきたいところ。

Otas.TV佐藤隆之さん(AfterEffectsユーザーなら誰もが知っている)曰く、Red Shiftは、フォグ(霧)の表現が速く、Octane Renderディスプレイスメント(テクスチャなどを使って複雑な形状を簡単に作る)が得意だそうです。

どちらのレンダラーがいいかわからない人は、好きなアーティストがどちらのGPUレンダラーを使っているのか調べてから購入してみましょう。(ちなみに僕はOctane派です)

以下、Octane Renderのインストール方法

OctaneRender_Logo
【Cinema4D】Octane Renderのサブスクリプションの価格・料金とインストールの手順今回は、Cinema 4Dのレンダラー「Octane Render(オクターンレンダラー)」についてのお話です。 Octane Ren...

Motion Squaredのマテリアルパック

Logo_MotionSquared

https://motionsquared.net

OctaneRed Shiftを使う際、Motion Squaredのマテリアルパックを持っておくと、マテリアルを適用するだけで、オブジェクトがそれっぽい質感になるので、時短用におすすめ。

Forester for Cinema 4D(3D QUAKERS)

Logo_3DQuakers

https://www.3dquakers.com

Cinema 4Dで森や植物を作りたい時に便利。大量の樹木や植物のプリセットがあるので、簡単に森などを作成できます。

Neat Video

GPUレンダラーでのレンダリングは速いのですが、ノイズがのりやすく、デノイズ(ノイズを取り除く処理)がほぼほぼ必須になってきます。

業界標準のデノイザープラグインとも呼べる「Neat Video」を使うことで、Cinema 4Dで書き出した連番画像をAfter Effectsに読み込み、デノイズ処理を行うことができます。

Neat Videoは、実写映像などでのノイズ処理にも非常に有効なプラグインなので、ぜひ持っておきたいプラグインでもあります。

Cinema 4Dで知っておきたいアーティスト

僕の独断と偏見で知っておきたいCinema 4Dユーザーの方々をご紹介します。(まだまだたくさんすばらしい方々がおられます)

Seventhgraphics 朝倉さん

日本のCinema 4Dユーザーなら誰もが知っているSeventhgraphics朝倉さん。フォトリアル系のCGなら間違いなく日本一かと。

ギターの腕前も相当で、自分でギターを自作してしまうほど。。

https://seventhgraphics.info/

kana

日本のモーションデザインスタジオOnesal(ワンサル)出身のモーションデザイナーのkanaさん。現在は、イギリスのモーションスタジオweareseventeenに所属。抜群のビジュアル・モーションのセンスでVJとしても活躍。X-squareVideoCopilotLive2019でも講演。

https://twitter.com/Kana_terao/

https://www.instagram.com/p/Bw4ilyin64d/

 

ナカフジリク

最近イベントでご挨拶させてもらったナカフジリクくん。Twitterにシネマティックなクオリティの高い作品を投稿し話題に。1999年生まれで、Cinema 4Dは全て独学だそうです。。VideoCopilotLive2019でも講演。

まとめ

Cinema 4Dを初める上で知っておきたいサイトをご紹介させていただきました。

また、日本代理店であるTMSさんでは、ハンズオンのトレーニングを受けることができます。

https://c4d-training.jp/

 

Cinema 4Dを学べる場所は意外と少なく、僕も何回か参加させてもらいましたが、初級トレーニングは少人数でとても親切に教えていただけました。

ただ、2日間4万円となかなかなのお値段なので、申し込む時は気合を入れていきましょう!

 

また、Cinema 4Dを始めるなら最初はこの本がオススメです。(確か初級トレーニングを受けるともらえたはず?)

はじめてのCinema 4D

この本は、上で話したTMSさんの初級トレーニング(現:はじめてのCinema 4D)の講師でもある田村さんが書かれている本で、とても丁寧でわかりやすくC4Dの基礎を学ぶことができます。

とても穏やかで、お昼ご飯を一緒に買いに行ってくれる優しい方なので、興味がある方はぜひ見てみてください。

Cinema4D_icon
Cinema 4Dの作品で見かける表現とおすすめのチュートリアルまとめこんにちは!hiroです。 今月からCinema 4D R21のサブスクリプションが始まりましたね。 今回から「Broadc...