【Cinema4D】Octane Renderのサブスクリプションの価格・料金とインストールの手順

OctaneRender_Logo

スポンサーリンク

今回は、Cinema 4Dのレンダラー「Octane Render(オクターンレンダラー)」についてのお話です。

Octane Renderは、OTOYが販売しているGPUベースのサードパーティーレンダラーです。

Octane

https://home.otoy.com/

Mayaや3ds Max、Cinema 4Dなどにインストールして、グラフィックボードの性能に応じたGPUベースの高速なレンダリングを行うことができます。

Cinema 4Dのチュートリアルを探していると、結構Octane Renerで作ってあることが多いんですよね。。

Octane Renderは通常だと、OTOYのサイトからスタンドアローン版と各CGソフトのプラグイン版の2つを購入する必要があり、あわせて$700近くするのでなかなか手が出せずにいました。

 

それで最近気づいたんですが、Webサイトの中にSubscription(サブスクリプション契約)があることに気づきました。

よく見ると、サブスクリプションだと月$20(およそ2000円ちょっと)で使えるみたいです。

まさかと思い半信半疑やってみたのですが、実際デモ版のウォーターマークも消えて普通に使えているので、今回はOctaneを使ってみたい人向けにサブスクリプション版のインストールの手順をご紹介します。

Octane Renderが初めての人は、Demo版をインストールしてお持ちのグラフィックボードで動作するか確認して見ることをおすすめします。
また、サブスクリプション版をインストールする際は、Demo版をアンインストールしてから行ってください。

 

インストールの手順

・OTOYのOctane Renderのページ左のSubscriptionのページに行きます。

Octane1

https://home.otoy.com/render/octane-render/ 

 

・ページ中段のCinema 4Dを選択し、ラジオボタンにチェックを入れ、購入をクリック。(Google翻訳済み)

Octane2

 

・OTOYのアカウントを作成。持っている人はログイン。

Octane3

・ログイン後、必要情報を入力し、Paypalで決済します。

Octane4

 

・購入後、My Accountページ内のSubscriptionをクリックし、Stand Alone版とCinema 4Dプラグイン版をダウンロードします。

Octane3

 

・それぞれ最新のStable(安定版)をダウンロード。

Octane6

 

・ダウンロード後、Stand Alone版はそのままexeファイルを実行。

・Cinema 4Dプラグイン版は、解凍後にできるc4doctaneというフォルダをCinema 4Dのpluginフォルダに入れます。

 この時、AppDataの方のCinema 4Dのディレクトリではないことに注意してください。
Octane7

 

c4doctaneのフォルダに入り、cld64というファイルが複数バージョン分あるので、削除して自分のバージョンのファイルのみにしてください。

Octane8

 

以上でCinema 4Dを起動するとOctane Renderが使えるはずです。

Octane9

もし、Octaneが起動できない人は、Stand Alone版を一度起動し、ログインしてみてください。

スタンドアローン版でログイン後、WebページでOTOYのアカウントをアップデートする画面に飛ぶので、パスワードを変更してアカウントをアップデートしてみてください。

おそらく以下の部分がActivateになっていたらうまくいくはずです!

Octane10

 

詳しくは以下のURLに載っているので、詰まった方はこちらも参考にしてください。

https://help.otoy.com/hc/en-us/articles/214137323-OctaneRender-for-CINEMA-4D-Installation-Guide 

 

まとめ

今のところ、通常購入版とどう違うのか僕も実際よくわかっていませんが、とりあえず普通にレンダリングできるので、これでOctaneのチュートリアルはできそうです。

Octaneのチュートリアルをやってみたい人はぜひ試してみてください!

 

Octane Render for Unity

Octane Render for Unityがリリースされました!

リアルタイムでの再生とは行かないようですが、Unity内でOctaneを使ってのレンダリングが可能なようです。

気になる方はぜひ!

https://unity3d.com/jp/partners/otoy/octanerender

https://unity.otoy.com/guides/overview/ 

スポンサーリンク