【テクニック】After Effectsのレンダリングの初期設定を変更する方法

AfterEffects_icon

スポンサーリンク

こんにちは!Hiroです。

今回は、After Effectsでレンダリングする際のデフォルトの設定を変更する方法のご紹介です。

デフォルトの初期設定

After Effectsでレンダリングする際、デフォルトだとMacならQuickTimeのアニメーション圧縮、WindowsならAVIになっています。

レンダリング初期設定の変更方法

デフォルトの変更方法ですが、レンダーキューを開きロスレス圧縮の左にある三角をクリックして、一番下の「テンプレートを作成」を押します。

render-preset-change01 render-preset-change02

 

ウインドウが開いたら、中部の設定の部分で初期設定にしたい名前を決めます。

編集のボタンを押してレンダリング設定を選びます。

今回は「QuickTime ProRes422(Proxy)」を初期設定にしています。

render-preset-change03 render-preset-change04

 

すると、上部のムービーの初期設定のプルダウンに先ほど入力したプリセットが選べるようになるので、そこから選んでOKを押すと初期設定に変わります!

render-preset-change05

今回は、レンダリングの初期設定を変更する方法のご紹介でした。

僕の場合は、Media Encorderを通して書き出すので特にプリセットとして設定することは少ないですが、便利ですのでぜひ使ってみてください^^

スポンサーリンク