After Effects

Cinema 4D Liteでゲーム機を作るチュートリアル

C4D_Lite_anin

みなさんは、After Effectsをインストールすると一緒にCinema 4Dもインストールされているって知っていますか?

Cinema 4D Liteという機能制限版なんですが、これだけでも結構色々なことができます。

今回は、デフォルトで入っているCinema 4D Lite使ってゲーム機を作るチュートリアルの紹介です。

 

Learn How to Create a 3D Animation in After Effects

 

このチュートリアルは、機能制限版でできることを結構フルに使って作られています。

 

[aside type=”boader”]
Cinema 4D Liteで主にできること

・基本的なプリミティブの作成

・パスの押し出し(Extrude)

・Mograph「簡易エフェクター」…など。

[/aside]

 

解説をしているのは、C4Dユーザーならお馴染みのEJ Hassenfratzさんです。

EJ Hassenfratz – Eyedesyn

https://vimeo.com/eyedesyn

 

EJさんは3Dを2Dっぽく見せる表現や、可愛いキャラクターをアニメーションさせるチュートリアルが多いのが特徴です。

https://www.eyedesyn.com/tutorials/

 

「Cinema 4Dの製品版は高くて無理だけど、少し触ってみたい!」という人はぜひ試してみてください。

 

また、以下のページにC4Dを学ぶ際に知っておきたいサイトをまとめているのて、興味ある方はぜひ見てみてください。

[kanren postid=”196″]

 

\ Adobe CCを通常版で使っている人は必見 /

Adobe CCを通常版で購入している人は以下の買い方だと
月額費用を約6,000円→3,300円とほぼ半額まで節約できます。
節約した金額をプラグイン代などに当てた方が効果的なので、
よければ以下の記事を読んでみてください。

thumbnail_AdobeCCをほぼ半額で使う方法
【45%オフ】全員知っておいてもらいたいAdobe CCをほぼ半額で購入する方法(商用可)今回は、全員に知っておいてもらいたいAdobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)を、 最大45%オフで購入す...