After Effects

Mocha for AEを使って爆発を合成するチュートリアル

MochaforAE

After Effectsにデフォルトで付いているMocha for AEを使って実写の映像に爆発を合成するチュートリアルの紹介です。

 

Mocha for AEとは?

Mocha for AEは、Imagineer Systems社のプラナー(平面)トラッキングソフトです。

プラナートラッキングとは、After Effectsで通常行う3Dトラッキングとは違い、2D情報で対象をトラッキングするので、映像が多少ぶれてブラーがかかっていても、かなりの精度でポイントを追いかけてくれます。

主に、モニターのはめ込みなどによく使われています。

上位バージョンのMocha ProのShowreel。

 

Mocha for AFでの爆発のチュートリアル

Video CopilotのAndrew Kremerさんが解説してくれています。

チュートリアル中で使われている爆発の素材は、Video Copilotが販売しているAction Essencialsという素材集です。

https://www.flashbackj.com/video_copilot/action_essentials_2/ 

 

こちらは、上位バージョンのMocha Proでの作例ですが、動く人の肌に映像をマッピングしている作例です。

実写合成やVFXに興味のある人は、ぜひトライしてみてください^^

\ Adobe CCを通常版で使っている人は必見 /

Adobe CCを通常版で購入している人は以下の買い方だと
月額費用を約6,000円→3,300円とほぼ半額まで節約できます。
節約した金額をプラグイン代などに当てた方が効果的なので、
よければ以下の記事を読んでみてください。

thumbnail_AdobeCCをほぼ半額で使う方法
【45%オフ】全員知っておいてもらいたいAdobe CCをほぼ半額で購入する方法(商用可)今回は、全員に知っておいてもらいたいAdobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)を、 最大45%オフで購入す...