After Effects

【セール】年内最安のForth of July Saleが開催中!(AE Juice)

AEJuice-ForthofJulySale2021

こんにちは!hiroです。

年間を通して何かしらのセールを行なっているAE Juiceですが、7/4、7/5の2日間限定で、クーポンコード「IND20」の使用で、さらに20%割引になっています。

これにより、全部入りのパック「I Want it All Bundle」が年間最安の$143になっています。

I Want it All Bundle($2032 → $143

https://aejuice.com/product/i-want-it-all-bundle/

定番の「Liquid Elements」から、最新の「Retro Packや「Creative Titles」までの約38種類のバンドルが入って、通常のセール時よりもクーポンコードの適用で$149と、$30も安くなっています。

少し重いのがネックですが、とにかく大量のプリセットが入っていて、ドラッグ&ドロップですぐにプロジェクトに追加できるので、個人的にいろんな案件でのテンプレ要員のひとつとして持っておきたいものでもあります。

パックによりますが、Ae、Prの両方で使用可能で、アニメーションをPrでゴリ押ししたい人にも、とりあえず持っておいて損はないかなと。

他にも、YouTubeInstagram用のテンプレや、Cyberpunk等の色々なスタイルのパックがあったりと、単に見ていて面白いので、どんな作りになっているか気になる人にもおすすめです。

(追記)自動でクーポンが適用されない場合

20%オフの割引がカートに追加した時点で自動で適用される場合がありますが、

適用されない場合は、画面右上のカートのアイコンをクリックし、カートの中を表示した状態で、

製品下の「Got a promo code?」をクリックして、クーポンコード(IND20)を入れてみてください。

内包されるバンドル(一部)

Cyberpunk HUD

これのおかげで、サイバーパンク的な表現は大分やりやすくなりましたよね。。

VHS Retro Pack

80年代レトロの表現をしたい人におすすめ。

Creative Titles

最後に

最近のAE Juiceは、汎用的な素材だけでなく、定番の表現を全部網羅しようとしてる印象です。

おそらく次に最安になるのは、11月のBlack Fridayあたりになると思うので、直近で気になっている人は、この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか?🙂

\ Adobe CCを通常版で使っている人は必見 /

Adobe CCを通常版で購入している人は以下の買い方だと
月額費用を約6,000円→3,300円とほぼ半額まで節約できます。
節約した金額をプラグイン代などに当てた方が効果的なので、
よければ以下の記事を読んでみてください。

thumbnail_AdobeCCをほぼ半額で使う方法
【45%オフ】全員知っておいてもらいたいAdobe CCをほぼ半額で購入する方法(商用可)今回は、全員に知っておいてもらいたいAdobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)を、 最大45%オフで購入す...