Vision Color「OSIRIS」とは?シネマルックを作りたい人におすすめのLUTの紹介

OSIRIS

スポンサーリンク

動画についてある程度調べていると、映画っぽい映像を作るには色の調整が大切だとわかりますよね。

最近では、LOGで撮影してからLUT当てるというワークフローが定番になっているかと思いますが、今回はその中でもおすすめのLUT、Vision ColorOSIRISについてご紹介します。

Vision Color OSIRISとは

Visioncolor OSIRIS

https://vision-color.com/products/osiris/ 

OSIRISとは、Vision Colorが発売しているLUTのプリセット集です。

39€=約5000円ほどで、DELTADK79M31JUGOKDXPRISMOVision 4Vision 6Vision Xという9種類のLUTが入っています。

タイムラプスで有名なはいでふさんがそれぞれのLUTの比較画像を上げてくれているので、リンクを貼らせてもらいます。

●High-Def(はいでふ)

http://darwinfish105.blogspot.com/2014/03/bmpcc.html 

LUTは、Premiere Pro、After Effects、DaVinci Resolveなど様々なソフトで使用できるため、適用するだけである程度雰囲気のある絵を作ることができます。(超ざっくりですが。。笑)

 

こちらの動画では、SONYのカメラユーザーで有名なよっちゃんさんが、PremiereのLumetriを使ってLUTを適用する方法を解説してくれています。

PremiereでLUTを使ったことがない人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

LUTは、フリーのものから有料のものまで多くの種類があり、今回ご紹介したOSIRISは、結構定番のLUTとして使われているので持っておいてもいいと思います。

カラーグレーディングには様々な方法がありますが、LUTを使ったことがない方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク