After Effects

【After Effects】意外と知らない?トラブルになりがちな『目標範囲』

目標範囲

こんにちは。hiroです。

今回は、AEの知らないとトラブルになりがちな目標範囲」についての動画を、

YouTubeに公開させていただきました。

意外と知らない?トラブルになりがちな『目標範囲』

目標範囲とは?

目標範囲」は、コンポジションパネル下にあるスイッチを押すことで、プレビュー上で見える範囲を指定できる機能です。

目標範囲_アイコン

 

よくあるトラブルの1例として、

透明部分を見ようとして、誤って目標範囲のスイッチを触ってしまい、そのまま画面をクリックしたら一部分しか見えなくなった。。😇

といったケースがあります。

 

なので、解決策として、もし一部分しか見えなくなってしまった場合は、

この目標範囲のスイッチをオフにして目標範囲を非表示にするようにしてください。

 

知っていればすぐに解決できるのですが、僕も最初、調べ方が分からず、

After Effects一部分しか表示されない

でググったことがあります。 。

もうひとつの使い方とデメリット

また、別の使い方として、範囲を指定してから上のメニューの

コンポジション コンポジションを目標範囲にクロップ」をクリックして、

現在のコンポジションのサイズを変更することができます。

※「Option + 目標範囲のスイッチをクリック」で、表示範囲をリセットすることができます。

 

ただ、注意点として、

既に別のコンポジション内使われているコンポジションリサイズしてしまうと、

位置がずれてしまったり、挙動が変わってしまう」というデメリットがあるので、

意外と使いづらい機能でもあります。

 

目標範囲自体は使いづらい機能なので、

僕の場合は代わりに「Auto Crop」を愛用しています。

僕にとっては、こちらもFlow並みに必須のプラグインです。

Auto Crop

https://aescripts.com/auto-crop/

・コンポジションサイズを必要な部分だけ正確にリサイズ
アニメーションしているピクセルも考慮してくれる。
・既にコンポジション内で使われているコンポジションをリサイズしても、位置がズレない!← 神!!
(エクスプレッションなど引用している場合を除く)

有料になりますが、試用することもできるので、

コンポをリサイズしたい方はこちらがおすすめです!

最後に

コンポジションサイズを必要最低限で作成できると、

画面上をクリックして選択する際も、コンプサイズが無駄に大きすぎて

目的のレイヤーがうまく選択できないといったトラブルをさけることができるので、

AEに慣れてきた方はぜひ試してみてください🙂

\ Adobe CCを通常版で使っている人は必見 /

Adobe CCを通常版で購入している人は以下の買い方だと
月額費用を約6,000円→3,300円とほぼ半額まで節約できます。
節約した金額をプラグイン代などに当てた方が効果的なので、
よければ以下の記事を読んでみてください。

thumbnail_AdobeCCをほぼ半額で使う方法
【45%オフ】全員知っておいてもらいたいAdobe CCをほぼ半額で購入する方法(商用可)今回は、全員に知っておいてもらいたいAdobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)を、 最大45%オフで購入す...