PDFに電子印鑑を押す方法

印鑑

スポンサーリンク

フリーとして仕事をしていると、請求書をPDFでいただくことがよくあります。

こちらのPDFの請求書に印鑑をお願いしますと言われた時に、困らないために、電子印鑑を押す方法をご紹介します。

まず、電子印鑑を作ろう!

まずは、請求書に押す電子印鑑を作ります。

作り方は、印鑑をプリンターでスキャンして取り込むのが普通ですが、

ここではめんどくさいため、Webサービスを使って認印を作成します。

Web認印

Web認印

http://www.hakusyu.com/webmtm/

このサイトでは、10000種類くらいの代表的な苗字が載っているので、自分の苗字を検索してみましょう。

 

Webサービスなんかで、作っていいの?と思うと思いますが、

捺印自体には特に法的な力はないらしく、今では慣習として残っているので、特にWebで作成しても問題ないようです。

 

ソースは以下のサイトから。

請求書や領収書に電子印鑑は使える?法的な効力からみる押印の意味

https://www.sumoviva.jp/trend-tips/20150616_321.html

 

こちらで印鑑のPDFを作成したら、ダウンロードします。

Adobe Acrobat Readerで認印を配置しよう!

次に、もらった請求書のPDFを開きます。

 

PDFは大体、Adobe Acrobat Readerで開くと思いますが、

なんと、Acrobat Readerには、もともとスタンプ機能が付いているので、

これに先ほどダウンロードした認印のPDFを登録し、

請求書のPDFに配置した上で保存します。

Acrobat メニュー

 

ツールの注釈を押すと、PDFの上のところにアイコンが複数表示されます。

 

スタンプボタン

このスタンプを追加 → カスタムスタンプ → 作成を選択し、

先ほどの認印のPDFを選び、名前と分類を記載します。

 

これが終わると、スタンプを追加のところで、先ほど追加した認印のPDFが選べるようになるので、

請求書の印のところに配置して完了です。

 

Acrobatのスタンプ機能については、以下のサイトが詳しく解説しています。

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/1306/17/news007.html

 

まとめ

Hiro
これで、PDFで請求書をもらっても大丈夫です!

最初は戸惑いますが、一度わかると楽なので、どんどん請求書に押しちゃいましょう!

 

スポンサーリンク