exFATにフォーマットしてWindows / Mac両方でHDDを使えるようにする

exFAT_Eyecatch

スポンサーリンク

こんにちは!Hiroです。

今回は、Windows / Macの両方で外付けHDDを使えるようにするexFAT形式へのフォーマットの仕方をご紹介します。

知っている方も多いと思いますが、exFAT4GB以上のファイルも扱えるため、この形式であれば問題なくデータのやり取り・保存ができると思います。

やり方は簡単で5分ほどででき、Macでのフォーマットの方が簡単なので、フォーマットする場合はMacをおすすめします。

フォーマットする際は、データが全部消えてしまうので、外付けHDD購入後すぐに行うか、必要なデータを別の場所に移した状態で行ってください。

フォーマットのやり方

外付けHDDをUSBで接続し、上部メニューの「移動」から「ユーティリティー」選択します。

exFAT_01

 

ディスクユーティリティ」を選択します。

exFAT_02

左から接続されている外付けHDDを選択し、上の「消去」をクリックします。

exFAT_03

HDDの新しい名前を決め(そのままでも大丈夫)、フォーマットをプルダウンから「exFAT」を選択し、「削除」を押します。

exFAT_04

 

exFAT_05

フォーマットが終わると、Windows / MacでHDDが使えるようになります。

以上で、exFATへのフォーマットは完了です。

まとめ

フリーで仕事をしていると撮影した映像データを納品する場合などに、外付けHDDに入れて納品することもあるので、相手のOSが何かを必ず確認してフォーマットしてから渡してあげるといいかと思います。

また、外付けHDDですが特に何でも大丈夫かと思いますが、念のため購入する際に、店員さんに念のためWin/Mac両方で使えるようにexFATにフォーマットできるか確認するのが確実だと思います。

以下は僕がフォーマットしたことがあるHDDですので良ければ参考までに。

Win / Mac間の小さいデータのやり取りであれば。。

HDDとはまた別ですが、Win / Macの間で容量の少ないデータをやり取りしたいのであれば、「Send Anywhere」もおすすめです。MacのAirdropのような感覚でできるので、ぜひ使ってみてください^^

【効率化】WindowsとMac間でAirdropのようにファイルを送れるSendAnywhere

2018.08.04

スポンサーリンク